「15分でおしゃれにカット」クイックカットBBで子供のヘアカット

今日は午後お仕事をお休みして、たけちゃんを皮膚科と理容店に連れて行ってきました。

皮膚科へ行くのは本当に久々です。

もともとアトピーなのですが、体は私の手作り化粧水で症状がだいぶ落ち着いていたのですが、右手の人差し指だけ、皮がむけてジュクジュクを繰り返していたので、しっかり見てもらうことにしました。 

www.fuwafuwataro.site

 

皮膚科が終わってからたけちゃんの髪を切りに行きました。


いつも1000円カットを利用しているのですが、今回はじめてクイックカットBBというお店を利用しました。

 

クイックカットBBはおそらく場所によって価格やルールが違うようです。
ホームページを見たら制服着用って書いてあったんですが、今回行った店舗では着用してませんでした。


最初にチケットを買うのですが、初めての人には買い方が難しいかもです。
お金を入れるタイミングがわからず、私もですが、そのあとで来たお客様も機械の前で戸惑ってました。


1000円カットのお店では、子供用にガチャを用意していたり、お菓子があったりしますが、今回はお子様ランチについてくるようなおもちゃがヘアカット後に選べるようになってました。

 

今まで何度か利用した1000円カットのお店は子供の髪を切るときにハサミをメインで使ってましたが、こちらはバリカンメインでした。 

 

ハサミの場合は耳とか切っちゃうんじゃないかと心配でしたが、バリカンはそれほど危険な感じはありませんでした。


たけちゃんは極度のくすぐったがりなので、耳の周りや襟足の髪を切るときに笑いが止まらず、動いてしまいます。

その話をしたら、「お母さん、抑えててください」と言われたので抑えてました。
以前行ったお店は「抑えてましょうか?」とこちらから提案しても、「危ないので」と言われてお店の人が何とかしてくれてましたが、お店によって対応が全く違うんですね。


バリカン+ハサミであっという間に襟足と耳周りの髪をスッキリ切ってくれました。
すごく手際が良くって、見ていて気持ちが良かったです。

 

10分も経たないうちにたけちゃんのヘアカットは終了。

 

カット前

 

カット後

 

おおースッキリした!

 

本人もスッキリして気に入っている様子。

しかも、今まで行くのを嫌がっていた理容店に「また行きたい!」と自分から言ってました。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

「エサを食べず土の中で半年近く???」ニジイロクワガタのメスが生きてた!

以前、ニジイロクワガタの幼虫の割り出しについて紹介しました。 

www.fuwafuwataro.site

 

この時にメスが生きていることを確認して以来、土の中からまったく出ず、エサも食べている様子もなく・・・

 

とっくの昔にお亡くなりになったと思われてたのですが、150日以上ぶりに生きていることが確認できました。

前足で触覚あたりをお掃除している動きをしばらくして、再び土に潜ろうとしてました。

 

卵を産んだ後からは、ほぼ土から出ることなく、エサも食べない状態でどうやって生きてたんでしょうか?

 

たけちゃんが新しいをエサ準備して近くまで誘導したのですが、食欲がないらしくエサから遠ざかっていくのでした。

前足の細い部分が両方とも取れてしまってましたが、体の色つやは昔のままな気がしました。

 

さて、久々のご対面から30分ほど、再びメスは土の奥深くへ潜っていくのでした。
また、姿が見えなくなってしまいました。

エサにも手を付けてません。
※ちなみにうちのクワちゃんにはプロゼリーを食べさせてます。オスメスともに越冬できたのはこのおかげでしょうか? 

 

次に会えるのはいつなのか???

 

半年ぶりに土から出てきたニジイロクワガタのメスの動きが気になる方は、ぜひ動画もご覧ください。
意外に機敏に動いております・・・


半年ぶりに土から出たニジイロクワガタのメスの様子

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

ドクダミ・ヨモギのハーブチンキで手作り化粧水をグレードアップ

ハーブチンキって知ってますか?

そういう私も最近知ったのですが、ハーブをホワイトリカーなどのアルコール度数が高い焼酎などに漬けて、ハーブの有効成分を抽出したエキスのようなものなんです。

 

私が毎日使っている手作り化粧水にもドクダミのハーブチンキを入れてます。
今入れているのは市販のものです。 

ドクダミール 【ドクダミエキス】スプレータイプ 300ml

ドクダミール 【ドクダミエキス】スプレータイプ 300ml

 

 

www.fuwafuwataro.site

 


今年は庭に生えているドクダミで手作りしようと決めてました。
葉っぱが元気に育ってきたので、早速収穫しハーブチンキづくりをしてみました。

ドクダミに含まれるクロロフィルという成分が、肌のターンオーバーを促し、色素沈着を軽減したり、メラニンを作らせない作用があるので、美白にもってこいです。

 

また、ドクダミは抗菌、解毒作用もあるため、肌に塗ると水虫やアトピー性皮膚炎の改善も期待できるそうです。


ホワイトリカーで作ったので肌に塗るだけでなく飲用もできちゃいます。

 

ドクダミのフラボノイドが細い血管を丈夫にする効果があり、血圧を正常化する働きがあります。

 

ドクダミのハーブチンキの作り方

材料

  • ドクダミの葉っぱ 100枚ぐらい
  • ホワイトリカー 1リットル

 

作り方

  1. ドクダミの葉っぱをきれいに洗い、乾かします。
  2. 1リットルのビンを消毒し、その中に乾いた葉っぱを詰めます。
  3. ホワイトリカーを注いで冷暗所で1か月保管します。
  4. さらしなどで濾して、さらに2か月寝かせます。

 

ヨモギも元気に育ってましたので、早速収穫して同じようにハーブチンキにしました。

ヨモギも薬効が多いハーブで知られてますよね。

 

クロロフィルやフラボノイドが老化の原因の活性酸素を除去したり、殺菌効果でニキビや肌の炎症を抑えてくれる効果があります。

 

 

ドクダミ、ヨモギのハーブチンキは、私の愛読書の中では「あさつゆ水」として紹介されてます。 

身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ

身近なハーブ・野菜で からだ美人になる自然派レシピ

 

 「あさつゆ水」の名前の由来は、朝露がおりている夜明けから午前10時ぐらいまでの、生命活動が活発なハーブを使うからだそうです。

 

コチラの本は読んでいるだけで、健康になる気がします。
身近なハーブや野菜で健康、美人になれるレシピがたくさん紹介されています。

 

いろんな植物が元気になってくる季節になりました。
元気な植物たちの力を借りて、健康で美しく生活できたらいいな~と思っております。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

「これで安心!」田植えのお手伝いマニュアル

田植えのシーズンですね。

私の実家も先週の土曜日が田植えでした。

もともと兼業農家でしたので、それほど田んぼはたくさんないのですが、それでも種まきや田植えは人手が多いと助かるそうです。


今回は急に田植えを手伝うように言われても困らないように、田植えの服装やお仕事について解説してまいりたいと思います。

田植えとは

田んぼにイネの苗を植えることです。
昔は人の手で行われてましたが、今はほぼ機械で行います。
なので機械任せでいいのでは?とお思いかもしれませんが、実は植える以外にもいろんな仕事があるんです。

 

田植えに必要な作業

苗を植える

これは先ほどもお話した通り機械で行います。
お手伝いとして駆り出されたときに、いきなりこのパートを任せられることはまずないと思います。というのも、現在の田んぼは基盤整備で昔よりも大きく作られてますので、まっすぐ植えるのがとっても難しいのです。
また、機械にセットされた苗の量と植えている量を常に把握しながら運転しなければならないので、ある程度の経験が必要になってきます。

そして、苗がなくなったら補充する作業も必要です。
大体この田んぼの大きさだと1往復すると積んでた苗がなくなるので、補充してから次の列を植えていきます。
田植え直前の苗が入っているダシ(育苗箱)の重さは8キロぐらいあります。
それを自分で持って田植え機にセットするのですが、6条植(一気に6列植えられる)の機械の場合は6個のダシが1度に必要ですので、結構な重労働になります。

そこで機械を運転する人以外に次のような役割が必要になってきます。

 

苗を運ぶ

イネの苗はハウスで育てられているため、苗を田んぼまで運ぶ必要があります。
今は軽トラの2台に積んで運んでます。 

アルミス アルミ水平式育苗棚64枚 SH-64N

アルミス アルミ水平式育苗棚64枚 SH-64N

 

こんな感じのダシ(育苗箱)をきれいにセットできる棚が売られているので、これにセットしてハウスから運んできます。

それを軽トラの2台から田んぼの淵の部分に置いて、苗が乾かないようにじょうろで水をかけます。

 

苗を渡す

田植え機を運転する人に苗を渡します。ダシ(育苗箱)から苗だけを取り出す必要があるので、苗取り板を土とダシの間に差し込み、その板と一緒に運転手に渡します。 

苗取板

苗取板

 

田植え機の運転手は、苗取り板ごと持って苗を田植え機の後ろの部分にセットします。
セットが終わったら苗取り板は不要なので、それを運転手から受け取ります。
苗取り板を使うときは、勢いよくグサっとやらないとささりませんので、瞬間的に力が必要です。

 

ダシ(育苗箱)を洗う

後でまとめて洗ってもいいのかもしれませんが、うちでは田植えの時に一緒に洗ってしまってます。以前はたわしで洗ってたんですが、今はダシを洗うための便利な道具があるのでそれを使ってます。

私はほぼ毎年、苗を渡すのとダシを洗うのを手伝っています。

用水路の水でじゃぶじゃぶやるのですが、今年は用水路の水が少なくって大変でした。

 

土ならし

機械がUターンすると、その部分の土がえぐれます。
えぐれたままではきれいに苗がうえられないので、レーキを使って平らにします。 

 

穴植え

機械では植えられない角の部分や抜けてしまった部分は、やはり人の手で植える必要があります。

長ーーい長くつを履いて転びそうになりながら、抜けて穴になった部分を埋めるように手植えをしていきます。これが結構腰にきます。

 

田植えの服装

さて、田植えに関連したお仕事を紹介してまいりましたが、どの仕事をするにせよ、ドロドロに汚れることは確実です。
なので、必要な服装としては

  • カッパ上下
  • 目出し帽(日焼け防止)
  • エプロン
  • 田植え用の長くつ(普通の長くつはダメ)
  • ゴム手袋
  • 腕あて
  • タオル

があればベストです。

着用するとこんな感じ。今おしゃれな農作業着なども売られているようですが、田植えに関しては、汚れてもいい格好が一番だと思います。

子どもたちにもできればお手伝いをお願いしたかったのですが、ダシが重すぎるのと、危険な場所が多かったので、今回は断念しました。

子どもたちはカエルやタニシを捕まえて遊んでいたようでした。

今すぐ手伝えなくても、徐々に田んぼに慣れて自然にいろいろできるようになればいいかなと思ってます。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

小さいときにかじったイタドリをジャムにしてみた

先日サイクリングをした時、道の両側にイタドリがたくさん生えてました。 

www.fuwafuwataro.site

 


少し前にそのイタドリを使ってジャムが作れることを知り、早速収穫してチャレンジしてみることにしました。

 

イタドリは小さいときに茎を折って、皮をむいて食べた記憶があります。
とっても酸っぱかったことを覚えてます。

 

できるだけ葉っぱが広がってないものを探してきました。

 

まずは葉っぱを取ります。

 

皮をピーーーっと剥いていきます。

 

皮をむくとこんなにきれいな緑色!

 

おいしそうに見えますね~

 

そして一番楽しかったのが、包丁で輪切りにした時。
シャクシャクシャク・・・っとほかの野菜や果物にはない切れ味で、気持ちよく輪切りにできました。

 

それを少しだけ水にさらして、水を切って砂糖をまぶし、少し水分が出てきたら火にかけます。

 

じっくりコトコト煮詰めて、ヘラでつぶれるぐらいの柔らかさになったらつぶし、お好みの硬さになるまで煮詰めます。

 

仕上げにレモン汁を加えて完成!!!

 

ヨーグルトにかけてたべましたが、酸味がきいていておいしかったです。
少し渋みがあるため、気になる方は2,3時間とか少し長めに水にさらすといいと思います。

 

イタドリには抗酸化力で有名なレスベラトロールが豊富に含まれていて、脂肪の蓄積も抑える効果もあるそうです。 

レスベラトロール 濃縮粒 180粒

レスベラトロール 濃縮粒 180粒

 

 

サプリにもなってるんですね。

イタドリにそんな効果があったとは。
知らなかったです。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

ニジイロクワガタがサナギになりました

ニジイロクワガタのペアを飼い始めてから、もうすぐ1年になろうとしています。

雄のニジイロクワガタは越冬し、今も健在です。

雌のニジイロクワガタは卵を産んで以降、姿を見せず、一度幼虫を割り出したときに無事を確認して以来、一度も土の中から顔を出してくれません。

 

 


つい先日までニジイロクワガタの幼虫が入った保冷バックのあたりからカリカリ・・・カリカリ・・・と音がしてたのですが、急にその音がしなくなりました。 

 

気になって中を見てみると、、、

 

サナギになっているではありませんか!!!

 

すごーーーい!
感動です。

 

ちゃんと育ってたんですね。

現時点で3匹がサナギになっていました。

 

こちらはサナギになりたてでしょうか?真っ白で半透明のサナギです。
つやっつやです。

サナギの下に幼虫の頭部のようなものが落ちてたので、最初に見つけたときに体が分離して死んじゃってる?とびっくりしましたが、調べてみたら、サナギになるときに幼虫の殻を脱ぐようです。

頭の部分がぱっくり割れちゃっていて、ぱっと見た感じがホラーでしたが、正常な蛹化(ようか)だと思われます。

 

1か月ぐらいで羽化して成虫になるそうです。

楽しみだなぁ~

 

www.fuwafuwataro.site

 

 

www.fuwafuwataro.site

 

 

www.fuwafuwataro.site

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

「インドア、アウトドア両方楽しめる!」大平山リゾート公園で春を満喫

GW中、久しぶりに大平山リゾート公園に行ってきました。

www.theboon.ne

大平山リゾート公園とは、大平山を望む広大な自然豊かな場所に、スキー場や温泉・プール、キャンプ場や公園などが集まり、1年を通じて楽しめる複合型の施設です。

 

最初に花公園という、その名の通り季節ごとに咲く花々がとっても美しい公園に行ってきました。

芝生はまだ青くありませんが、八重桜がきれいに咲いていました。
そこでいつものハンモックを広げてのんびりしてみました。

たけちゃんが浮かない顔なのは理由がありまして・・・

 

来て早々、小川に網で魚をすくいに行ったのですが、誤って足を滑らせ靴がびしょぬれに・・・

そしても魚も捕れず・・・

 

落ち込むたけちゃん。

 

でも目の前のきれいな桜に気づいて顔を上げてました。

 

私はテントに寝ころびながら桜を鑑賞。

 

さて、この後はいつものザ・ブーンへプール遊びに行ってきました。
GW中でもそれほど混雑しておらず、快適に遊べました。
お盆の時期は階段の下まで混雑していたウォータースライダーの列も、それほど混雑することなくサクサク進んでました。
GWはねらい目かもしれないですね。

この日は天気が良かったので、外の露天風呂が気持ちよかったです。
お風呂までの道のりは寒くて駆け足になりますが、いったんお風呂に入ってしまえば極楽。

ただ、日差しがまぶしすぎて寝湯にはうつぶせにしか入れませんでした。

 

さてプールで思いっきり遊んだ後は、レストランでお食事。
新メニューとしてバタフライピーティーが登場。

 

 

私も知らなかったのですが、きれいな青色のお茶でレモン汁を加えることで赤く変化するみたいなんです。

私となっちゃんが注文。
なんでもタイで有名なハーブティーで色のとおりアントシアニンが豊富なんですって。

色の変化を撮影してみました。伝わるでしょうか?


バタフライピーティーの色の変化(レモン汁)

 

色もきれいで飲みやすく、たけちゃんも私のをガブガブ飲んでました。
これははまりそうです。 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村