「何十年ぶりの???」珍事件

今日はいい天気でした。

午後、買い物をして実家にお土産を届けに行ったのですが、そこで事件は起きました。

おやつを食べてから、まだ日も高かったので、実家の裏の道でブレイブボードをすることになりました。

 www.fuwafuwataro.site

 

ひさびさだったため、たけちゃんは何となくぎこちない動きに・・・
なっちゃんはすいすい滑ってます。

 

私もひさびさに乗ってみることにしました。

意外と忘れていないものです。
調子よく乗っていた時に事件は起きました。

ブレイブボードは石ころなどの障害物に非常に弱くって、小さな石ころでもすぐにバランスを取られてしまいます。


気を付けて乗っていたつもりでしたが、全然見えてませんでした。
ちょうどスピードも出てた時に、石ころに乗り上げバランスを崩したのです。

 

道路の両脇は側溝になっていて、片方は深さが60センチ、幅60センチほどの大きな用水路です。稲刈りが終わったため深いほうにはまったく水の流れがなく乾いておりましたが、もし誤って落ちでもしたら、運が良くて擦り傷、悪ければ骨折、流血沙汰になりそうです。

 

もう片側の側溝は深さが20センチ、幅も20センチぐらいの小さなものですが、前日の雨水がたくさんたまってました。まあ、こちらは幅も深さもそれほどないし、靴が濡れるぐらいでしょうか・・・

 

さてさて、バランスを崩した私は、道路の端部分に着地し、そのまま橋の土手を転げて小さなほうの側溝に落ちたのでした。(上の写真の右側の側溝です。)

小さな側溝だからそれほど被害はないと思われましたが、それが側溝に対して体がきれいに水平に転げていったため、右半身が見事に20センチ幅の側溝にはまったのでした。

 

私の右半身は完全に泥まみれ。流れのない水のためにどぶのにおいがひどく最悪でした。

運悪く実家の隣に住んでいるおばさんにもみられてしまい、かなり恥ずかしい状況・・・

 

この年になってどぶにはまるとは・・・

 

今週は何もかもが裏目に出て、運が悪いなぁとは思ってたのですが、もうこれで集大成でしょうか?

実家の洗濯機を回しながらこのブログを書いています。
明日からはどうか平和でありますように!!

 

みなさんも気を付けてくださいね。ではでは。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

「マカロンは難しい?」なっちゃんの誕生日に失敗から学ぶ

なっちゃんの誕生日が近いのですが、ちょうどその日は私が残業のため、
先取して週末にお祝いをすることにしました。

なっちゃんのリクエストはマカロンタワー。

 

よくわからなかったので検索したら、
こんな感じでマカロンがタワーになっているものなんですね。

 

kameyama candle(カメヤマキャンドル) ハッピーマカロンタワー 「 メロングリーン 」(A4580520)

kameyama candle(カメヤマキャンドル) ハッピーマカロンタワー 「 メロングリーン 」(A4580520)

 

 

 

でもこれって食べられないみたい。

 

なっちゃんの希望は食べられるものでした。

 

 

マカロンはケーキ屋さんで売っているけど、結構いい値段なんですよね。。。
んでもって手作りしてみることにしました。

 

それが、昨日の夜に作り始めたのですが、結構時間がかかるんですね。
メレンゲを作り、アーモンドプードル、粉砂糖と混ぜて絞り袋で丸く絞るのですが、それを30分以上を乾燥させるようです。触っても指についてこないぐらいと書いてます。

 

実際にやってみると2時間待っても手にくっつく(-_-;)

 

仕方なくそのまま焼いてみると、表面がツヤツヤではなく凸凹した感じに・・・
想像とは違う出来栄えになっちゃったのですが、朝、なっちゃんが「マカロンだ~」と言ってくれたので、とりあえずマカロンができたということにしました。

 

なっちゃんが前日に買った桃のジャムを挟んで完成させてくれました。

桃のジャムですがマカロンとぴったりマッチして、ほんのちょっと色付けでラズベリーが入っていたのですが、それがまたまた良い風味を醸し出していて。。。

 

今日一日で15個ほど食べちゃいました。

 

夜ごはんはリクエストがあったパエリアを作りました。
パエリアにはパプリカですが、家庭菜園のピーマンをずっと取らずにいたらパプリカ並みに真っ赤になってました。

 

さてさて、今回のマカロンの失敗については、マカロナージュが足りなかったようです。マカロナージュとはメレンゲとアーモンドブードル、粉砂糖を混ぜる時に生地がリボン上に流れるぐらいまで混ぜることですが、それが足りなかったようです。

混ぜすぎてもペタっとなっちゃうし、足りないと表面がざらざらした感じに仕上がってしまいます。


また、乾燥が足りない場合もざらざらになるとのことでしたが、4時間以上乾燥させたものでもザラザラな仕上がりだったことからマカロナージュの問題だったかと思います・・・


次回はつやっつやのマカロンが作れますように!

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

「紅葉の絨毯が見ごろ」栗駒山登山

昨日は栗駒山に登山に行ってきました。

子どもたちは山登りが大変なことだとわかっているので、
行くまでの説得が大変でしたが、最終的には物で釣って(笑)、家族全員で行ってまいりました。


自宅を5時に出発し、高速で栗駒山に向かいました。
須川高原側からの登山は何度かしてましたが、今回は宮城県側のいわかがみ平から登るコースにチャレンジしてきました。

当日は天気が良く、朝はきれいな朝焼けが見られました。
ただ、高速の途中では霧が濃くでてました。


いわかがみ平には8時半ぐらいに到着。昨日から紅葉のベストシーズンに入るということで、混雑緩和のため有料駐車場から無料のシャトルバスが出ていて、そちらに乗っていってきました。

 

行きは難易度が5段階のうち2番目に優しい東栗駒コースを選択しました。
3.7キロと少し長めのコースで2時間ぐらいかかります。
2番目に優しいということではありますが、途中、はしごを上ったり、沢を100メートルぐらい歩いたりと変化にとんだコースになっています。

 

 

全体的に見晴らしが良く、紅葉を楽しむにはもってこいのコースです。

赤、黄色、緑の色彩が目の前にあふれていて、自然が作り出す美しさにひたすら感動しました。

頂上の直前は急な階段になっていて、そこが一番大変でしたが無事家族全員山頂まで行くことができました。

昨日は本当に登山客が多く、頂上は今までにないくらいのにぎやかさでした。


帰りは難易度1の中央コースを下りました。
2.9キロで距離も短く、初心者向けのコースです。
こちらは登山道がかなり整備されていて、それほど危険な場所はなかったのですが、階段というよりは下り坂がずーーーと続いているため、みんな足のつま先が痛くなってきました。

靴下選びと足の爪切りは忘れずにしておきましょう。
たけちゃんは少し小さめの長靴だったのか、下り始めから足が痛そうでした。

シャトルバスの最終が15時だったのですが、14時すぎぐらいにはいわかがみ平に到着することができました。

下り坂の連続は膝への負担が半端なく、膝がガクガクになってました。

 

登山の後の楽しみはと言えば温泉。

今回は駒の湯温泉に寄りました。

komanoyu.net

 

後で知ったのですが、こちらの温泉は1617年に発見されてから長年一軒宿として親しまれていましたが、2008年の岩手・宮城内陸地震の際、土石流の直撃を受け、旅館とともに7人の方が犠牲になったそうです。
いまは日帰り温泉として再建したとのことでした。


含硫黄ーカルシウムー硫酸塩泉の泉質で、硫黄の香りがする温泉です。
大人4人ぐらいが入れる木のお風呂になってました。
シャワーはありませんが、お湯が豊富にでているのでかけ湯を贅沢に何回もしてから入りました。
源泉が38度ぐらいなので熱くないですが、体に染みる感じがしました。 

 

お風呂で汗を流した後は、秋田県側に戻ってから夕食を食べました。

 

横手市十文字にマタギ料理や鴨鍋などが楽しめるお店があるとのこと。

食い道楽
〒019-0501 秋田県横手市十文字町腕越字西原88-9

 

写真は鴨のつくねと馬刺しです。
どちらもおいしかった。
一番感動したのはハツの串焼きですが、今までにないくらいジューシーでした。
※写真がなくてすみません。

 

みんなで分けて食べようと思って注文した鴨ネギラーメン 600円。

すり鉢に入って出てきたのですが、麺が太麺でコシが強く、鴨のダシと思われる濃厚なスープとベストマッチで、これだけで行列ができるラーメン屋になりそうなぐらいのクオリティでびっくりしました。
もちろん中にはたくさん鴨肉がはいっていて、柔らかく味がしっかりしており大満足の一品でした。

 

鮮やかな紅葉と歴史のある温泉、おいしいジビエ料理と満足度が高くてよくばりな栗駒山登山となりました。

栗駒山の登山をお考えの方の参考になればと思います。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

「大人も泳げる大きさの家族風呂が人気!」ふるさと温泉 ユアシス

私たち家族の「行きつけの温泉」を今日は紹介したいと思います。


それは、ふるさと温泉 ユアシスです。


おすすめはなんといっても家族風呂です。
大人が泳げるぐらいの広さのお風呂が貸し切りになるんです。
脱衣所も広く、ドライヤーもあります。

赤ちゃんがいると温泉を楽しむのが難しいですが、
家族風呂だと周りを気にせずに温泉を楽しめます。


泉質はナトリウム(塩化物泉)で、しょっぱい温泉です。
体の温まり方が違います。


温泉の裏山にはコテージが3棟あり、家族や友人とバーベキューなども楽しめます。
(うちからは近場過ぎて泊ったことはないのですが・・・)

 

料金ですが、大人360円、子ども180円、貸切風呂が55分で520円なので、うちは4人でピッタリ1600円です。

 

金曜日か土曜日の夜に利用することが多いのですが、当日予約制になっています。
家族風呂は2か所あるため、お盆やお正月などの期間を除けば、午前中の電話で大体は予約できます。

 

レストランもありますが、私たちが利用する遅い時間帯にはすでに終了しているので、今まで利用したことはないのですが、入り口のメニューには心がひかれるものがあります。

秋田市の中心部から車で40分ぐらいの場所にあります。
近くにおいしい自然食のお店もありますよ。

ゆう菜家
〒010-1344 秋田県秋田市雄和向野字前開45
1,200円(平均)1,200円(ランチ平均)

 

先日、いつものように家族風呂を利用した際に、面白いものを発見しました。
時計がなんか変だ~!


思わず動画で撮影してしまいました。
次に行ったときもまだそのままだったので、電池がないとかではなくて壊れてるのかな?


「がんばれ時計!」 思わず応援したくなる時計

 

一生懸命動く秒針がなんとも応援したくなる時計でした。

 

小さいお子さんがいるご家族にぜひおすすめしたい温泉です。
近くにいらした際にお立ち寄りください。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

 

「夏もおすすめ!」獅子ヶ鼻湿原トレッキング

先週、会社の同僚とにかほ市の獅子ヶ鼻湿原をトレッキングしてきました。
朝から暑さが厳しく、トレッキングなんてできるのか不安でした。

が、そのおかげか訪れる方も少なくのんびりトレッキングを楽しむことができました。

 

夏の獅子ヶ鼻湿原のオススメポイント

伏流水の冷たさ

なんといっても夏の獅子ヶ鼻湿原のお勧めは、鳥海山の伏流水の冷たさです。
5秒以上手を付けているとしびれるほどの水温です。
調べてみたら7度ぐらいなんだそうです。そりゃー冷たいですね。


なので、その流れに沿って吹く風がとっても涼やかなんです。

トレッキングしていると岩の間から冷風が噴き出る場所があって、自然のクーラーになっています。

 

それから海抜600メートルの場所に位置しているため、平地よりは涼しく感じられます。また、ほとんどのルートが木々に囲まれているため、日差しが適度にさえぎられており、夏でも快適なトレッキングができます。

 

見た目にも涼しいのが、こちらの霧です。
外気温と水温が極端に違うため霧が発生します。水面が白くモヤモヤしているのがわかりますでしょうか?

ただ、鳥海まりもはそれほどこんもりした感じではなかったのが残念でした。
後日、新聞にも鳥海まりもの保護の記事が出ていて、上に降り積もる落ち葉が鳥海まりもの生育を妨げていないかを調査するそうです。

 

あがりこ大王

あがりこ大王とは、その昔、ブナの木を利用して炭を作るために、ブナの木の枝を切り取っていたのですが、その切り取り方によって独特の形状に育ったブナの大木のことです。

 

ちなみに今回出かけたら、以前にはなかったあがりこ女王なる木がありました。

夏はブナの木の葉っぱがたくさん生い茂っていて、そこからさす木漏れ日がとてもきれいです。秋の紅葉もいいですけど、夏は夏で生命力を感じます。

 

さて、本当のあがりこ大王を目指す途中、燭台という名の木がありました。

脇から出た枝が、元の幹の太さに近いぐらいに育っていて力強さを感じます。

 

さて、こちらが本物のあがりこ大王です。

そこにあるだけでいろんなことを教えてくれる木です。奇形が人の顔に見えたり、動物に見えたり、気の太さや形からずっと昔を想像してみたりと、観ているだけで想像力を掻き立てられます。

 

木陰で自然の中での昼食

獅子ヶ鼻湿原の入り口まで戻ってきました。
入り口の脇は草原のようになっていてベンチもあるのでお弁当を食べているお客様もいました。

私たちもお昼ご飯をそこで食べたのですが、今回のメニューは流しそうめん


鳥海山の伏流水でできたら最高ですが、うちから汲んでいった水で流しました。

事前にそうめんはゆでときました。
そうめんのつけダレはめんつゆとゴマダレの2種類を準備して、ゴマダレには前日のうちに準備していた肉みそを入れて、タンタンメン風にしました。

お腹もすいていたのでとてもおいしかったです。

ちなみに流しそうめんの流れる部分は雨どいです。ホームセンターで1000円ぐらいでした。

それを脚立にセッティングして、上から水が流れるように飲料水用のポリタンクも準備しました。

初めての流しそうめんにしてはうまくいったと思います。

そうこう楽しんでるところに若いお兄様たちがいらして、にかほ市の広報映像を作るので撮影してもいいですか?とのこと。

快くOKしました。もし採用されればたけちゃんの顔がでるかな?

最後は私的な話になっちゃいましたが、夏の獅子ヶ鼻湿原もいろいろ楽しめることがいっぱいです。歩道もしっかり整備されているので鳥海山やにかほ市の観光の際にはぜひこちらにも足を延ばしてみてください。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

「デザインも機能も欲張りたい!」ハイブリッドスマートウォッチ

最近、スマートウォッチを購入しました。

よくあるのが液晶画面のタイプだと思いますが、どうしても見た目がいかにもって感じになるのが残念なので、1か月間、探しに探してコチラを購入しました。

 

 

液晶タイプのものと比較すると表示できる情報量が限られますが、私にとっては十分な情報量です。

 

Fossil Q Jacqueline FTW5013 ハイブリッドスマートウォッチのレビュー

 

スマートウォッチの機能

 

歩数、活動量・睡眠トラッカー、アプリの通知機能、アラーム、着信の通知など、スマートウォッチについている機能はだいたいあります。

 

スマホとBluetoothで同期して情報が見られるようになっているのですが、今までスマホの歩数計だとスマホを持ち歩いていないときの歩数がカウントできてなかったのですが、腕時計タイプだとその日の歩数がほぼ網羅できるのでありがたいです。

 

またアプリの通知機能は結構使えます。

12個までしか登録できないのですが、LINEやメール、電話番号など、通知してほしい情報をあらかじめ該当の数字に登録すると、着信や連絡があった際に時計の長針と短針がその番号を示してバイブレーションでお知らせしてくれます。

私は8時のところにLINEを登録したので、LINEに新着メッセージが来たことがわかります。LINEの場合は誰からまではわかりませんが、急ぎの要件などを見逃したりすることが少なくなりました。

 

それ以外の番号には主人と母の電話番号を登録したり、楽天カードの利用状況を通知させて不正利用がないかをすぐにチェックできるようにしたりしてます。

 

ただ、何番が何の通知かは自分で覚えておく必要があります。

 

デザイン性

もう1つこの時計で気に入っているのはデザインです。

普通のアナログ時計見えることも気に入っている点ですが、もう1つベルト部分が交換可能なので、着る服に合わせてベルトの交換もできちゃいます。

 

睡眠トラッキングのため、寝る時もつけてるので(笑)、替えのベルトを購入しようか考えてます。

 

おまけ

アラームの設定もできるのですが、お知らせしてくれる動きがとってもかわいいんです。バイブレーションとともに時計の長針と短針が不規則に動いて、いかにも「起きて~」って言ってるみたいなんです。


Fossil Q Jacqueline FTW5013 レビュー

 

今のところとっても気に入って使ってます。
スマートウォッチの機能は日々進化してるので、この機能もあればよかったかな?とか思うこともありますが、情報量が多ければ多いほど情報に振り回されちゃうかもしれませんので、私の情報処理レベルにはピッタリなのかな・・・と納得してます。

スマートウォッチ購入の際にはぜひ参考にしていただければと思います。

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

 

大自然の温泉を満喫 小安峡・川原毛大湯滝

急に涼しくなりました。

 

今日は秋田県の南、湯沢市にて大自然の温泉巡りへ行ってまいりました。

 

大自然の温泉を満喫 小安峡、川原毛大湯滝へ

 

アクセス

秋田市から出かける場合は高速や一般道などいろいろなルートがありますが、一番早く着くのは出羽グリーンロードという農道を通るルートです。

90キロほど続く農道ですが、途中に信号が1個しかないので、とにかくスムーズに走れるんです。

看板さえ見逃さなければたどり着けると思いますが、不安な方は「出羽グリーンロード」で検索して地図を確認しながら進んでみてください。

 

小安峡大噴湯

毎年出かけてますが、真夏よりも涼しい時期にお出かけするのをお勧めします。というのも階段の上り下りが結構あるので、夏だと大量の汗をかくことに。

長いジグザグの階段を降りると川のところどころから湯気が上がっています。

 

今日は残念ながら直前に雨が降っていたためか水は濁ってました。

 

水蒸気が凄い。

 

近くに行くとかなり熱気を感じます。ブシューーーーーといい音をたてて噴き出てます。硫黄の香りがプンプンします。

 

帰り道はもと来た道を戻るのをお勧めします。

そのまま行くと急こう配の階段を上り駐車場まで戻ることになるからです。
距離は短いんですが体力の消耗が激しいので、距離は長くとも最初のジグザグの階段で帰りましょう!

 

川原毛大湯滝

小安峡から車で30分ほどのところに川原毛大湯滝はあります。
途中の道はかなり細いので、気を付けていらしてください。

 

駐車場からは川原毛地獄が見えます。あの白い山っぽいのが川原毛地獄です。

 

駐車場から15分ほど山道を下っていくと、それはありました。

 

川原毛大湯滝です。滝が温泉なんです。

滝つぼがちょうど湯船になっていて、皆さん水着持参で楽しんでました。
残念なことに準備不足で入浴までできませんでしたが、足湯で楽しんでまいりました。

 

温泉で癒され、滝で癒され、、、これは温泉好きの聖地ですね。


次回は絶対に水着持参で来ます。
近くに更衣室もあるので女性でも安心して着替えられますよ~

 

帰りは稲庭うどんを食べて帰りましょう。

佐藤養助 総本店
〒012-0107 秋田県湯沢市稲庭町字稲庭80
1,500円(平均)1,000円(ランチ平均)

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村